千葉市稲毛区の動物病院 あいペットクリニック稲毛獣医動物病院日本語English


■  ホーム

■  予防科

■  獣医科

    □  一般内科

    □  脳神経科

    □  腫瘍

    □  皮膚科
        ●  アトピー性皮膚炎
        ●  食物アレルギー
        ●  脂漏症
        ●  膿皮症
        ●  ノミアレルギー
        ●  毛包虫
        ●  疥癬
        ●  マラセチア
        ○  セラミド&温浴療法
    New
        ○  減感作療法
        ○  インターフェロン療法
        ○  食事療法

    □  循環器科

    □  泌尿器科

    □  一般外科

    □  NEW 先端医療

    □  眼病

■  キャンペーン

■  グレースペットサロン


 

AI Pet Clinic - Medical Care Detail


皮膚科診療

      毛が抜ける、痒がる、赤みや湿疹がある。こういった症状は単純なバイ菌・カビ・寄生虫感染以外にもアレルギー・アトピーやホルモンバランスの乱れ、免疫病や皮膚腫瘍の可能性があります。

      一般的に痒みの原因になるのは、以下の8つに大別出来ます。

 

 

 

1

ノミ

寄生虫介在性

2

疥癬

3

毛包虫

4

食事

I型アレルギー、W型アレルギー

5

細菌

膿皮症

6

真菌

真菌症、マラセチア性

7

アトピー

I型アレルギー

8

乾燥あるいは脂症

 

     単一の原因で皮膚病がおこることもありますが、多くの場合いくつかの要因が組み合わさって起こる事が多いです。まずはきちっと原因を究明して適切な治療方法を適用する事が重要です。

     他にも犬種性周期肥満度精神的な要因も考慮する事が必要です。

     

      本院では血液検査、皮内試験、皮膚生検など専門検査をとりいれながら原因を追究し、出来る限りステロイド剤を用いない薬物療法、免疫療法、食事療法、温浴療法を併用し、ナノマイクロバブルによる皮膚洗浄を取り入れて、快適な生活が送れるようサポートをいたいます。


    アトピー性皮膚炎
         好発犬種:  柴犬  シーズーなど
    ○ハウスダスト、花粉、食物など(アレルゲン)が引き金になって、発疹、フケなどが出るアレルギーの病気。体を痒がったり、湿疹が見られたら注意が必要です。内科療法、外用薬、食事療法、シャンプー療法によって治療します。インターフェロン療法や免疫調整剤による治療も効果がみられています。

    脂漏症

         好発犬種:  パグ ブルドッグ シーズー コッカースパニエルなど

    ○皮脂が過剰に分泌している状態の「油性脂漏症」と、皮膚が乾燥した状態の「乾性脂漏症」に大別することができます。皮脂が過剰に分泌することにより、マラセチア等の酵母菌が非常増殖する原因にもなります。
       原因としては、遺伝的要因、不適切な食事、内分泌機能の低下など、様々な要因が挙げられます。治療としては、過剰に形成された角質や皮脂を取り除く事、上皮細胞の活動を正常に戻す事、適度な潤いを与えることになります。

     

    膿皮症

         好発犬種:  ジャーマンシェパードなど

    ○内因性および外因性の原因によって、皮膚のバリア機能が低下することで、細菌類などの異常増殖を招く感染性の皮膚疾患。皮膚のバリヤ機能低下は、不適切なブラッシング、シャンプー、又は食事や外傷、環境条件の変化によってもおこります。抗菌剤など内科療法とシャンプーによる外用療法を併用することで、治癒を高めることが可能です。