千葉市稲毛区の動物病院 あいペットクリニック稲毛獣医動物病院日本語English


ホーム

■  予防

■  獣医科

■  キャンペーン

■  グレースペットサロン

■  しつけ教室

        □  スケジュール

        □  料金

        □  ご予約

■  スタッフ

■  家庭の獣医学

■  リンク

■  サイトマップ


 

AI Pet Clinic - Training


パピー(幼犬)コース

≪新入生募集中≫

対象:生後6カ月程度のワンちゃんとその飼い主様

目標:@人への柔軟性、A犬への柔軟性、B環境への適応力 のあるワンちゃんを目指す

なぜパピー(幼犬)コースが重要なのか…

本来、ワンちゃんは、母犬や兄弟との生活の中で社会性を身につけてます。一方、ペットショップでは、生後4週間程度で販売され、生後30〜40日くらいの幼齢犬がよく売れる傾向にあります。そして成犬に近づくのに伴い、価格は安くなる傾向にあります。

一方、社会化期(生後8週間以前)に親から引き離すと、成犬になってからも、必要以上に臆病になったり、ほえたりかみつくことが多くなるなど、健全な成長の妨げとなることがあります。

そのためアメリカ、ドイツ、イギリスやオーストラリアなど多くの国では生後8週以上の売買を禁止しています。それを受けて日本でも「8週齢規制」も検討されています。つまり現在日本で売られているペットの多くは社会性があまり身についていない事になります。

さらに生後7〜8カ月は、いわゆる「犬の反抗期」で、さらに吠えたり噛みついたり言うことを聞かなかったりと、自己主張する子が多く見られます。

こうした理由から、混合ワクチン接種後でほかのワンちゃんから病気がうつる心配がなくなった後、6か月齢ごろから、社会性を身に付けるトレーニングが、とっても重要になります。

ご家庭でのトレーニングやしつけも大切ですが、自宅以外の場所で他のワンちゃんと触れ合うことでさらに社会性が増します。

また動物病院には、極端に臆病な子や、噛み癖のある子など多く来院します。幼いころから動物病院に慣れ、社会性を身に付けていると、病気や予防などで来院する際のストレスを軽減する事も可能です。