千葉市稲毛区の動物病院 あいペットクリニック稲毛獣医動物病院日本語English


 

サイト内検索


■  ホーム

■  予防

■  獣医科

■  キャンペーン

■  グレースペットサロン

■  しつけ教室

■  スタッフ

■  家庭の獣医学

        ○犬種別好発疾病

        ミニチュア・ダックス
        チワワ
        トイ・プードル
        ヨーキー
        ポメラニアン
        パピヨン
        シーズー
        ミニチュア・シュナウザー
        フレンチ・ブルドック
        マルチーズ
        コーギー
        
        パグ
        ミニチュア・ピンシャー
        キャバリア
        ラブラドール
        ゴールデン・レトリバー
        ビーグ
        ボーダー・コリー
        アメリカン・コッカー
        シェルティー
        ペキニーズー
        ボストン・テリア
        イタ・グレー
        ジャックラッセル
        ウエスティー

        家庭の獣医学2

        家庭の獣医学3

        家庭の獣医学4

        耳掃除

■  リンク

■  サイトマップ


 

 AI Pet Clinic - In-house Veterinary Management


ウエルシュコーギー

特徴

 


皮膚病

マラセチア皮膚炎

外耳炎


内科・循環器・泌尿器

尿路結石

フォンビルブラント病


外科・腫瘍・脳神経

てんかん

○発作は脳の異常な電気的な放電によって起こる一時的な脳の病気で、体や足が痙攣し、口から泡を吹くこともあります。その頻度は様々で、半年に一回程度の子もいれば、一日に何回も発作を起こす場合もあります。発作に発作が重なり強い痙攣が長時間続くと死に至るケースもあります。また、発作が全ててんかんではありません、発作は脳腫瘍をはじめ様々な脳疾患で起きます。一般的に初めての発作が5歳未満であれば真のてんかんの可能性が高く、高齢になって初めての発作は脳腫瘍などが疑われます。その鑑別診断には検査センターでのMRI検査が必要であり、画像上脳に異常がなければ、真のてんかんと診断されます。半年に一回程度なら無治療の場合もありますが、発作が頻回の場合は投薬によって症状を抑えます。発作の予想は通常困難であり、常日頃から発作を抑える薬を飲ませる必要があります。
>>詳しくはこちら


椎間板ヘルニア (頸椎ヘルニア)
○背骨をつなぐ椎間板が変性して脊髄を圧迫して痛みや歩行障害、麻痺、尿失禁などを起こす病気です。この病気は診断が大切で、後ろ足の麻痺が全て椎間板ヘルニアではなく、脊髄腫瘍や脊髄梗塞なども考えられます。また椎間板ヘルニアであった際は背骨は首が7個、胸が13個、腰が7個あり、どの部位で椎間板ヘルニアが起きているかが重要になります。脊髄造影レントゲン検査は椎間板ヘルニア以外の脊髄腫瘍や脊髄梗塞を診断できません。従って脊髄損傷が疑われる場合はMRI検査による病気の鑑別、部位の特定が必要になります。椎間板ヘルニアと確定した場合、痛みやふらつきなどの軽度な場合は内科療法で改善する事もありますが、起立不能や痛みを感じない完全麻痺の場合(グレード3以上)は、内科療法での改善はあまり期待できません、外科手術による治療が必要になります。すべてのグレードに対してレーザー治療は、適用されます。
>>詳しくはこちら

股関節形成不全

 


眼科

緑内障
緑内障は、何らかの原因で房水の流出が阻害されたために眼圧、眼圧(眼球の内部の圧力)が高くなることによって視覚障害を起こす病気です。緑内障は遺伝的な要因とされる原発性緑内障と、ブドウ膜炎や水晶体脱臼など他の病気が原因でおこる続発性緑内障に分けられます。
>> 詳しくはこちら

進行性網膜萎縮
進行性網膜萎縮は、ダックスフンド、トイ・プードル、コリー、セッターなどの犬種に多く見られる遺伝的な病気です。症状は夜に物が見えにくくなったり、視力の低下が起こります。末期まで痛みを伴わない事もあり、進行すると全盲になる事も多く見られます。遺伝子検査をする事で確定診断をすることもできますが、有効的な治療方法はありません。
>> 詳しくはこちら