千葉市稲毛区の動物病院 あいペットクリニック稲毛獣医動物病院日本語English


 

サイト内検索


■  ホーム

■  予防

■  獣医科

■  キャンペーン

■  グレースペットサロン

■  しつけ教室

■  スタッフ

■  家庭の獣医学

        ○犬種別好発疾病

        ミニチュア・ダックス
        チワワ
        トイ・プードル
        ヨーキー
        ポメラニアン
        パピヨン
        シーズー
        ミニチュア・シュナウザー
        フレンチ・ブルドック
        マルチーズ
        コーギー
        
        パグ
        ミニチュア・ピンシャー
        キャバリア
        ラブラドール
        ゴールデン・レトリバー
        ビーグ
        ボーダー・コリー
        アメリカン・コッカー
        シェルティー
        ペキニーズー
        ボストン・テリア
        イタ・グレー
        ジャックラッセル
        ウエスティー

        家庭の獣医学2

        家庭の獣医学3

        家庭の獣医学4

        耳掃除

■  リンク

■  サイトマップ


 

 AI Pet Clinic - In-house Veterinary Management


ウエスティー (ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア)

特徴


皮膚病

アトピー性皮膚炎
ハウスダスト、花粉、食物など(アレルゲン)が引き金になって、発疹、フケなどが出るアレルギーの病気です。体を痒がったり、湿疹が見られたら注意が必要です。内科療法、外用薬、食事療法、シャンプー療法によって治療します。インターフェロン療法減感作療法など新しい治療も効果がみられています。
>>詳しくはこちら

マラセチア性皮膚炎
皮膚に常在する酵母状のカビの一種であるマラセチア菌による表在性の皮膚炎を言います。多くの哺乳類にとってマラセチア菌は皮膚の常在菌であるので、マラセチア菌の存在だけではマラセチア性の皮膚炎を起こすことはありません。皮膚表面の微小環境が変化する事で、マラセチア菌が増殖します。 
>>詳しくはこちら  

食物不耐性

脂漏症 


内科・循環器・泌尿器

 ロイコジストロフィー 


外科・腫瘍・脳神経

進行性大腿骨頭壊死

股関節形成不全

そけいヘルニア

頭蓋下顎骨病


眼科

白内障
眼球内に位置する両面が凸状のレンズ(水晶体)は、通常透明ですが、何かしらの理由で白く濁り変性を起こした状態を白内障と呼びます。白内障には、その進行の過程で、(1)初発の白内障、(2)未熟な白内障、(3)成熟の白内障、そして(4)過熟の白内障に分類する事が出来ます。
>> 詳しくはこちら

緑内障
緑内障は、何らかの原因で房水の流出が阻害されたために眼圧、眼圧(眼球の内部の圧力)が高くなることによって視覚障害を起こす病気です。緑内障は遺伝的な要因とされる原発性緑内障と、ブドウ膜炎や水晶体脱臼など他の病気が原因でおこる続発性緑内障に分けられます。
>> 詳しくはこちら

乾性角結膜炎
眼の表面が乾く事で、眼やにが多くなり、角膜表面に傷や色素が侵入するなどの異常が起こる病気です。進行すると痛みを伴う事もあります。
>> 詳しくはこちら